爪水虫は病院に行って治療を受ける必要がある

治療は短時間で

病院

巻き爪になった場合には東京にある皮膚科で治療をしましょう。手術を短時間で行うこともできるので、安心して治す事ができます。逆に治さなければ、炎症が広がっていく可能性もあるのです。

Read More...

完全に治せる

医者

昔は水虫を感知することが難しいと言われていましたが、現在では感知することが出来ます。水虫にも種類がありますので、病院に行ってその種類に適した治療法と薬を処方してもらいましょう。

Read More...

種類に合った治療方を知る

病室

一度水虫になってしまうと、簡単に治すことが難しいと言われています。ですから、薬を使って治していくことが大切です。水虫に効く薬にも様々な種類がありますので、皮膚科に行って医師に相談をすると良いでしょう。

Read More...

早めに治そう

足


水虫にも様々な種類があります。その1つとして、爪水虫を呼ばれているものがあります。通常の水虫は足などの皮膚に直接痒みが出てくることがあるので、すぐに気付くことが出来ますが、爪水虫は痛みや痒みがあまり無いので自覚しづらいと言われています。ですから、爪水虫になってしまった人の多くは、症状が悪化してから気付く場合がほとんどです。爪水虫は普通の水虫と違って、スーパーマーケットやドラッグストアなどに売っている市販の薬で治すことが難しい場合があります。また、普通の水虫から爪水虫になることもあります。ですから、水虫になったら爪も感染していないか確認する必要があります。爪水虫になると、爪の表面が分厚くなることがあります。また、爪の表面が割れ易くなったり、色が変色したりしていたら、爪水虫に感染している可能性が高いので早めに治療をしましょう。爪水虫は病院で治療を受ける事が出来ます。

爪水虫の他にも、足の皮膚に出来た水虫や、爪が皮膚に食い込んで炎症を起こしてしまう巻き爪なども皮膚科で治療を受けることが出来ます。皮膚科では、症状にあった薬の処方や治療をしてくれるだけでなく、必要であれば手術を受けることも可能です。特に巻き爪は、炎症が酷くなってくると、手術が必要になることがあります。手術を受ける時は、全身麻酔ではなく足の一部分だけ麻酔を入れる局部麻酔を使用します。ですから、手術後は入院する必要もありません。水虫も巻き爪も、放置しておくと治療に時間と費用が掛かりますから、早めに病院に行って治療することが大切です。